2006年04月06日

デコポン

P1000096.JPG

デコポン

見た目もユニークだが、名前もユニークなこのフルーツ
一説によると飛び出したデコの部分が大きければ大きいほど甘いらしい。

「清見」に「ポンカン」を交配して育成された交雑種で、最初に作られたのは1972年と割と新しい品種である

熊本が最初の生産地で当時は「デコポン」の名称は熊本だけでしか使えなかったらしい・・・・
結果、愛媛産を「ヒメポン」静岡では「フジポン」など複数の名称が存在する事になったそうな

そんな話題で盛り上がっていると
「そんなもん、日本で作るもの全部を"ニッポン"にしちゃえば良かったんだよ」
とA氏・・・

それを聞いたA氏の奥様が
「それじゃあ、アジアで作ったものは"味ポン"になっちゃうわね」

うまいことを言うものである。

  甘いよと
    飛び出すおでこ
      主張して

posted by いっこん at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。