2006年03月20日

肉じゃが

P1000032.JPG

いつもの店で肉じゃががお通しで出てきた。

肉じゃがと言えば「発祥の地」で論争が起きている。

一ヶ所は広島県呉市、もう一ヶ所は京都舞鶴市。
どちらも東郷平八郎元帥が赴任していた地である。

海軍の食生活が悪く、脚気を患う船員が後を絶たなかったことから、同元帥が欧米のビーフシチューを日本向けにアレンジしたものと言われている。

どちらの地も"発祥の地"を譲らず今日にいたっているらしいが、決して殺伐としたものではなく、交流を深めながらの論争らしい・・・。
できれば決着をつけずに、このまま友好的な論争を続けて欲しいものだ。

その昔、学生時代の実習で長期間船に乗った経験もある私は
「海の上では食事だけが楽しみで・・・」
などと言ったところ常連さんから
「いっこんさんは陸の上だって食事だけが楽しみに見えるけど・・」
突っ込まれる

もっともである


  論争も
   肉じゃがのよに
    柔く甘い
posted by いっこん at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15127618

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。