2006年02月10日

ツブ貝の刺身

P1000008.JPG

貝類は大体好きである。

生でも火を通したものでもほぼOKなのだが。。。。
唯一北寄貝(ホッキガイ)だけは"生"が苦手だ。

逆に火を通したホッキの美味しいこと。。。
バターであえて、軽く醤油をたらしたところに茹でたてのパスタを入れると、それだけでご馳走だ。

刺身で一番はなんと言ってもツブ貝!
あの歯ごたえがたまらない。

北海道から東京へ出てきて随分と経つが、まだまだ北国のそれとはお店で出てくる食材も違うようだ。
特に北寄貝とツブ貝の2つは少ない上に、味も今ひとつ・・・
だが、値段だけは高いというのが現状のようだ。

某所にてメニューに「ツブ貝の刺身」を見つけ注文する。

出てきた小鉢には申訳程度の切り身が。。。。
「少ないね(^^;;」
と旧知の主にこぼすと
「いっこんさんの故郷じゃどうか知らねぇが、こっちじゃツブは高級品!!ぶつぶつ言わねぇこった(^^)」
駄洒落で切り返される。
あー北海道で納得行くまでツブ貝が食べたい。


  故郷の
    磯のツブへの
      片思い
posted by いっこん at 11:07| Comment(0) | TrackBack(1) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ツブツブ(螺)は、軟体動物門腹足綱(巻貝)のうち、食用にされる一部の貝類の通称・俗称。ツブ貝、つぶ貝とも言い、古名としてはツビ、ツミなどがある。この名が指す範囲は曖昧で、特定の種や分類学群を指すわけで..
Weblog: なまら倶楽部
Tracked: 2007-10-07 12:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。